若石リフレクソロジー

若石リフレ2リフレクソロジーというのは 反射を意味する「Reflex」と 学問を意味する「~ology」を合わせた造語ですが、 簡単に言えば、足をもんで身体を健康な状態に保とうとする自然療法のことです。

リフレクソロジーには大きく分けて西洋式のものと東洋式のものがありますが、当サロンでは、50か国に広がる台湾生まれの国際派リフレクソロジー『若石リフレクソロジー』を取り入れています。

『若石リフレクソロジー』は
リラクゼーションだけではない「健康志向」のリフレクソロジーです!

自分の健康は自分で守る!」をコンセプトとする健康法です。

現代はストレスの時代と言われています。
家庭、学校、職場での人間関係、さらには目には見えない電磁波などにさらされて、私たちの身体は確実にストレスが増え続け健康を損ないがちになっています。原因不明の現代病も増えていますし、薬の副作用も無視できなくなってきました。 こうした中で東洋医学への期待が高まり、西洋医学の立場からも再評価されるきざしが見えてきています。

刻々と変化する人間の生活環境の中で健康に生きていくためには 「自分の健康は自分で守る」姿勢が非常に重要なテーマとなってきたのです。 若石リフレクソロジーは全身の血液循環を良くして、身体のみならず心の健康維持にも大変役立ちます。 そして女性には嬉しい「美肌」「美脚」効果も! さぁ、足から身体の内側へアプローチして 元気キレイをキープしましょう!!

若石リフレクソロジーの特長

①安全で、副作用がありません 足は心臓や脳から離れた部位にあり、しかも 体表面積のたった2%でその人の全体重を支えている丈夫なところです。注射や薬も投与せず、電気や熱も使わない『自然物理療法』ですから、安心です。

②簡単なのでご自分でも実践できます いつでも何処でも誰でもが簡単に実践することができます。 当サロンではセルフケアのやり方もお伝えしますので、サロンに来られない時にはご自分で足もみをすることによってより高い効果を感じていただけるはずです。 この「自分で自分の足をもむことによって健康になる」ということが『若石リフレクソロジー』の大きな特長と言えます。

③即効性があります 部位や程度の違いはありますが、効果が早く現れます。

【若石リフレクソロジー】

・60分コース 5,000円 (税抜)
※足浴を含む

・30分コース 3,000円 (税抜)
※足浴を含む

※オプションメニュー
【簡単セルフケアコース】

☆個々の体調に合わせ、足もみ棒(愛心棒)を使ったセルフケア方法を教えます
・80分 8,000円(税抜)
※木製愛心棒・反射区図表代金4,540円(税抜)を含みます。
木製愛心棒反射区図表

 【セルフケアグッズのご紹介】

若石足療ローラー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 若石健康法の理論に基づきオリジナル設計されたこのローラーなら、第2の心臓といわれる足裏、ふくらはぎはもちろん、ひざ裏、太もも、でん部、そけい 部…、すべてのセルフケアがプロの手もみ感覚で手軽に行えます。 また、安全・操作性も重視し、高性能・耐久性アップも図りました。気軽に毎日続けられるこ のローラーは、健康へのパートナーとして最適です。

愛心棒&若石バーム

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 若石健康法オリジナルの足もみ棒です。 てこの原理を使い、効率的な力の入れ方ができるので、日々の足もみが楽に実践できます。 また、携帯に便利なので、旅行や出張の際にも、カバンに入れて連れて行って上げて下さい。プラスチック製と桃木製があります。

八福踏板

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   足部反射区の大きさ、深さ、位置に合わせて設計。 職場でも、家庭でも、いつでもどこでも使えて、効果抜群!

若石リフレクソロジーの効果

「若石リフレクソロジー」によって足裏を刺激することで得られる効果には大きく分けて次のようなものがあります。

(1)【循環原理】により、血液の循環を良くします。

足を揉んで血行が良くなるのは足だけではありません。
全身の血液循環が良くなり、新陳代謝が促進されます。
心臓から送り出された血液は栄養と酸素を運び各細胞まで送り届けますが、足にはその末端まで流れてきた血液を心臓へと送り返すポンプ機能の役割があります。
それは運動やウォーキング等によって促されるものですが、そのポンプの動きを更に高めてくれるのが足もみです。

血行が良くなると肩こりや腰痛などの不調が緩和されるだけでなく、血液の流れに付随してリンパの流れも促進してくれるので、体内にたまった老廃物をスムーズに排出する手助けとなり、また人間が本来持っている免疫力や自然治癒力のアップにもなります。

(2)【反射原理】により、各器官や臓器の働きを正常にします。

足裏には体の器官が反射投影されていて『反射区』として各器官とつながっています。
足裏を刺激することで間接的に全身の器官に働きかけることでそれぞれの器官の働きが活性化されて正常になります。

けれど、ただ単に具合の悪い部分に対応する反射区だけを揉めばいいのかというと、決してそういうわけではありません。
普段の生活の中で、病気というほどのものではなくてもなんとなく不調を感じることはあると思います。
でも、不調を招いている原因は人によってさまざまで、例えば同じ頭痛であっても目の酷使によるものであったり、肩こりに起因するものであったり、或いはストレスからくるものかもしれません。
ですから、頭痛がある場合、頭部の反射区を揉むだけでなく、目や首や肩の反射区に刺激を入れたり、また気持ちをリラックスさせるために自律神経に働きかける反射区を揉むことが有効だったりするのです。
特に頭痛の場合は原因が特定されにくいので、足全体をくまなく丁寧に揉みほぐしていくのがいいでしょう。
そしてそうすることで原因が特定できない体と心の色々な不調を改善へと導いていってくれるのです。

(3)ホルモンのバランスを整えます。

足を揉むことでホルモンに関連する器官が活性化され、全体のバランスが整いますので、全身の緊張をほぐしリラックスさせる効果があります。
疲れている時や落ち込んでいる時には足もみによるリラクゼーションを促す効果もあるので、心に抱えたストレス解消にもつながります。

子どもの成長や精神活動にも大いに関連があります。